青空文庫
 
青空文庫

青空文庫

電子図書館、青空文庫の本を縦書き、またはePubで配信。
表紙・挿絵等はオリジナルで自由につけさせていただいています。
時間が空いたときに徐々に追加していっていますが、掲載リクエストがあればお願いします。
URL
http://www.aozora.gr.jp/
 

或夜

永井 荷風

市川の姉夫婦の家に引き取られた十七歳の少女・季子(すゑこ)の多感な心持ちが面白い永井荷風の小説。
http://www.aozora.gr.jp/cards/001341/card50438.html

ログインしていません。ログイン または、仮名さんから

800
  • システム

    aaさんa

    • 2013年10月23日 13:41
  • 両鬼

    両鬼さん田舎教師

    • 2013年3月8日 06:28

源氏物語 02 帚木

http://www.aozora.gr.jp/cards/000052/card5017.html

発行間隔:
季刊

ログインしていません。ログイン または、仮名さんから

800

源氏物語 01 桐壺

http://www.aozora.gr.jp/cards/000052/card5016.html

発行間隔:
季刊

ログインしていません。ログイン または、仮名さんから

800

猫町

萩原 朔太郎

朔太郎が書いた数少ない小説の1つ。もの思いにふけりながら散歩する詩人が踏み込んだ、猫町の幻影が描かれる。
※この作品には、今日からみれば、不適切と受け取られる可能性のある表現がみられます。その旨をここに記載した上で、そのままの形で作品を公開します。(青空文庫)
http://www.aozora.gr.jp/cards/000067/card641.html

ログインしていません。ログイン または、仮名さんから

800

イワンの馬鹿 SKAZKA O IVANE-DURAKE

トルストイ レオ

イワンのばか(イワンの馬鹿)はロシアの民話にしばしば登場する男性キャラクター。極めて純朴愚直な男ではあるが最後には幸運を手にすることが多い。(wikipedia)
※この作品には、今日からみれば、不適切と受け取られる可能性のある表現がみられます。その旨をここに記載した上で、そのままの形で作品を公開します。(青空文庫)
http://www.aozora.gr.jp/cards/000361/card42941.html

ログインしていません。ログイン または、仮名さんから

800

藪の中

芥川 竜之介

『今昔物語集』巻二十九第二十三話「具妻行丹波国男 於大江山被縛語(妻を具して丹波国に行く男、大江山において縛らるること)」の説話が題材となっている。ここでは、若い盗人に弓も馬も何もかも奪われたあげく、藪の中で木に縛られ妻が手込めにされる様子をただ見ていただけの情けない男の話で、語り部は妻の気丈さと若い盗人の男気を褒め称えて、話を締め括っている。
この情けない男を殺し、殺人事件に仕立てたのが『藪の中』である。本作は、藪の中で起こった殺人事件を7人の証言者が証言、告白するという形式でなりたっている。捕らえられた盗人、清水寺で懺悔する男の妻、巫女の口を借りて現れた男の霊のそれぞれの当事者3人の証言は、藪の中で盗人が男を木に縛り付けて男の目の前で女を手込めにしたことは一致しており説得力はあるが、男の死因についてそれぞれ、「偶然」「他殺」「自殺」と見事に食い違っており、結局どれが真相なのか、誰が犯人だったのかは全て有耶無耶のままになっている。(wikipedia)
http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/card179.html

ログインしていません。ログイン または、仮名さんから

800

変身 DIE VERWANDLUNG

フランツ・カフカ Franz Kafka

『変身』(へんしん、Die Verwandlung)は、フランツ・カフカの中編小説。ある朝目覚めると巨大な虫になっていた男と、その家族の顛末を描く物語であり、カフカの作品の中ではもっともよく知られている小説である。1912年執筆、1915年の月刊誌『ディ・ヴァイセン・ブレッター』10月号に掲載、同年12月にクルト・ヴォルフ社より「最後の審判叢書」の一冊として刊行された。(wikipedia)
http://www.aozora.gr.jp/cards/001235/card49866.html

ログインしていません。ログイン または、仮名さんから

800

桜の樹の下には

梶井 基次郎

「櫻の樹の下には」(さくらのきのしたには)は、梶井基次郎の短編小説。1928年(昭和3年)『詩と詩論 第二冊』に発表。散文詩とも言われる。主人公が、桜の樹が美しいのは下に死体が埋まっているからであるという空想に駆られ、死体に象徴される惨劇(死?)への期待を深める物語。(wikipedia)
http://www.aozora.gr.jp/cards/000074/card427.html

ログインしていません。ログイン または、仮名さんから

800

フランダースの犬 A Dog of Flanders

マリー・ルイーズ・ド・ラ・ラメー Marie Louise de la Ramee 菊池寛訳

『フランダースの犬』(フランダースのいぬ、英: A Dog of Flanders)は、イギリスの作家ウィーダが19世紀に書いた児童文学であり、美術をテーマとした少年の悲劇として知られる。(wikipedia)
http://www.aozora.gr.jp/cards/001044/card4880.html

ログインしていません。ログイン または、仮名さんから

800

銀河鉄道の夜

宮沢 賢治

未定稿のまま死後発見された童話。昭和2年ごろの作と推定されている。初出『宮沢賢治全集』第三巻(文圃堂、昭和9年)。貧しいジョバンニと友人を助けるために死んだカムパネルラ、二人の少年は銀河鉄道に乗って幻想的な宇宙を旅する。(wikipedia)
http://www.aozora.gr.jp/cards/000081/card456.html

ログインしていません。ログイン または、仮名さんから

800
  • アフロディテ

    アフロディテさん無料なのでせっかくだから名作を読むことに。たしか宮沢賢治は宮城県出身?震災のことと関連づけてよみました。。。

    • 2011年10月2日 00:00
  • 青空文庫

    青空文庫さん著者でカテゴリわけしたら、新着書籍を埋め尽くしてしまいました。

    • 2011年5月7日 11:18